バストアップのためのブラ選び

なぜサイズの合っていないブラは貧乳になるか

女性はサイズの合わないブラジャーを身につけていると、貧乳になるといわれています。これは、胸のサイズに対して大きすぎても、小さすぎても胸が小さくなります。その原因は、サイズの合わないものではバストを正しい位置でキープする事ができないからです。

 

歩いたり、激しく運動をしている時に、バストは激しく揺れ動きます。この時に、ブラでバストがきちんと保持されていないと、本来胸にあった脂肪が脇や背中の方に流れてしまうのです。その結果、胸についている脂肪が少なくなる事で貧乳につながるというわけです。

 

それと、バストをきちんとキープできないと、重力のせいで下に引っ張られていきます。すると、バストの皮膚やクーパー靭帯が伸びていくので、バストが垂れ下がる原因にもなってしまうのです。このようなことから、バストアップしたいと思っているならば、サイズがきちんと合っているものを慎重に選ぶ必要があります。

バストアップの為の選び方について

自分のバストのサイズに合ったブラジャーを選ぶには、まず自身のバストのサイズを正確に把握しておく必要があります。まず、トップバストとアンダーバストのサイズをメジャーできちんと測ります。

 

そして、トップバストからアンダーバストを差し引いた大きさから自身のカップサイズを把握する事ができます。

 

自身のバストサイズを元に、お店で気に入った商品を選んで試着します。昨今、通販等でオシャレな下着を買う女性は多いですが、試着ができないので自分に合う商品なのか分かりません。

 

下着は同じサイズでも素材やパターンの違いでフィット感が異なるからです。また、女性の体は女性特有の周期などで変動が激しく、日によってサイズが変わることがあります。なので、自分に合う下着を買うには、必ず試着をする事が大事です。お店の試着室の中で軽く身体を動かしながら、鏡でフィットしているかしっかりチェックするといいです。

バストアップの為の身につける際の注意点について

いくらサイズの合うブラジャーを選んだとしても、正しく身に付けないとバストアップ効果を得られません。

 

たとえば、胸を大きく見せる為に、分厚いパットを入れて谷間を作る女性は多くいらっしゃいます。しかし、パットで胸を底上げしてしまうと、圧迫されるために胸の血流やリンパの流れが滞ってしまいます。その結果、バストに必要な栄養が行き渡らなくなり、バストアップ効果が得られなくなってしまいます。よって、バストアップしたいなら、パットを使わない事が大事といえます。

 

もう1つの注意点は、胸の谷間を固定するために肩ひもを短くしないことです。女性の間で、昨今、わざと肩ひもを短くして胸を強調することが流行っています。ただこのような行為は、やればやるほど胸が垂れ下がる要因となります。

 

というのも、背中側のアンダーベルトが引っ張られることで、逆にブラは前傾していくからです。ただ敷くバストをキープできないので、胸は垂れ下がって小さくなります。