お風呂上がりのバストアップマッサージ

血行促進時のお風呂あがりがおすすめ

バストアップ成分プエラリアミリフィカについて

 

胸が小さいことに悩みコンプレックスを抱いている女性は多いです。しかし、ダイエットや肌荒れ改善のために努力して結果を出すのとは違いバストアップは努力して報われるものではないと諦めている人も多いです。

 

もちろん胸の大きさは、遺伝によるものであることが多いのが現状です。

 

しかし、日常的に努力することでバストアップする事が出来るのも事実です。バストアップをするためには、食生活の見直しや積極的にバストアップサプリを服用する方法など様々ありますがなかなか金銭的にも続けてサプリを飲む事が困難な人もいます。

 

また、効果が出るのか分からないうちはなかなか手を出せない人も多くいます。そんな時、バストアップマッサージはお金もかからず空いた時間に簡単に出来るためおすすめです。誰でも気軽に始める事が出来る点でとてもおすすめです。一日のうち最も効果的なのは、お風呂上がりなど血行が促進されている時です。

脂肪を揉みほぐして胸に流し込むバストアップ法

お風呂上がりにバストアップマッサージを行うメリットは、湯船につかることで血行促進されているため、バストアップ効果が出やすいところです。また、お風呂の時以外で行うといちいち服を脱いでマッサージを行う面倒くささがあります。

 

しかし、一日のうちほとんどの人はお風呂に入る機会があります。そのついでにお風呂上がりに裸で行うことが出来るため煩わしさや手間がかかりません。

 

ポイントは、胸周りについた脂肪を10分くらいかけてよく揉みほぐしておくことです。二の腕や脇下、脇腹を手で揉んでいき柔らかくします。揉みほぐしたらさらに血行が促進される効果があります。そして、全部のお肉を胸の方に手のひらで流すように持っていきます。日常的に、余分な脂肪を胸に流し込んでいくことでバストアップが期待出来ます。

 

また、ボディローションなどを使うと肌のすべりが良くなりマッサージがしやすくなるのでおすすめです。

胸を支える土台の胸下の筋肉を鍛えることが大切

バストアップに必要なのは、胸筋を鍛えることです。肩を丸めて姿勢が悪い人は、胸が大きくても綺麗なバストに見えません。日常生活で意識して姿勢を正すことで通常の胸よりも大きく綺麗なバストに見えます。

 

お風呂上がりに、余分な脂肪を胸に流し込んでいくマッサージを行っても胸の下の筋肉が発達していなければ大きくなった胸を支えきれず効果が薄れてしまいます。

 

そのため、胸を支える胸下の筋肉を鍛えることが大切です。胸の前で両手を合わせて息を吐きながら力を入れていきます。この時のポイントは、小指同士だけは合わせないことです。そうすることで、さらに効率よく力を入れる事が出来ます。

 

胸を支える土台の筋肉を鍛えるつつ、お風呂上がりで血行が促進された時にバストアップマッサージを併用することで自分の理想のバストを手に入れる事が出来ます。そして、諦めず毎日習慣にして継続して行う事で大きいだけじゃなく綺麗なバストが手に入れられます。